安全へのこだわり。細部に至るまで徹底的に実験・検証。

耐久試験

ヒモの出し入れを1万回行い、バネとヒモの耐久性を実証する試験にクリアしています。

safety1-1

安全機能試験

ヒモを前後左右に13〜19kgほどの力で引っぱると、安全機能が働いてヒモが切れるようになっています。

試験方法 完成品でポリエステルのヒモを引っ張り、切れる数値を測定
試験目的 ポリエステルのヒモを引っ張り、安全機能として効果があるかを確認
試験数量 各10個

※ ボディの溶着は超音波溶着
※ ポリエステルヒモは日本支給品の黒色を使用

safety2-1

プチバックル強度試験

プチバックルの引っ張り強度試験です。約8〜10kgの力が加わるとプチバックルが破壊されます。

ヒモのロック解除試験

ヒモのロック解除の試験です。3.5〜4.5kgの力ででロック機能が解除され、ヒモがボディーからでてきます。

アイテム名称 リールストラップ105
試験方法 ヒモをバイスに固定し引っ張り破壊とロック解除の数値を測定

※ ボディの溶着は超音波溶着
※ ナイロン紐は日本支給品の黒色を使用
※ バックルは日本支給品の黒色を使用

safety4-1

※ ロック解除とは、ヒモが引っ張られた場合に、一定の力を超えるとボディの中から出てくる状態です。

毒性検査試験

製品の材質を調べる試験です。世界基準をクリアしています。

safety5-1

堅牢度試験

ヒモが水や汗で色落ちしないかを検証した試験です。

safety6-1

グリーン調達基準試験

使用している材料がグリーン調達基準を満たしているかを調べる試験です。
※ グリーン調達…環境負担の少ない製品や材料を購入したり、環境負担に配慮した活動している企業から優先的に購入したりする活動